「地域と共に生きる」

 

佐久間建設工業株式会社は日本の原風景が色濃く残る「奥会津」で、多様な連携と

たな視点の発想力によって真に地域に貢献する建設会社を目指し活動をしております。

 

◆より詳しい会社紹介はこちらから

 

弊社は過疎化が進む奥会津地域にあって、一人でも多くの「地域の守り手」を必要としています。ぜひ、佐久間建設工業で一緒に働きませんか?

 

◆ご応募はこちらから

 

2024年5月25-26日 社員研修旅行【研修】


 本年の社員研修旅行では、一日目に築地市場視察および劇団四季のミュージカルを鑑賞後、横浜中華街を散策しました。二日目には、埼玉県川越市に残る小江戸の街並みを見学しました。

2024年5月22日 三島町への一般寄付について【社会貢献】


 本日、三島町長様に一般寄付を進呈しました。三島町のため、地域のためにご活用いただけますと幸いです。

2024年5月8日 クリーンアップ作戦の実施について【社会貢献】


 本日、国道252号線を中心に、水沼~高清水~杉峠の各区間において、ゴミ拾いを行うクリーンアップ作戦を実施しました。今後も清掃を含む、道路の維持・補修に努めてまいります。 

2024年4月8日 2024年台湾東部沖地震救援金について【社会貢献】


2024年4月3日に発生した台湾東部沖地震(花蓮地震)に関して、三島町を通じて日本赤十字社に救援金を寄付しました。

 

三島町と台湾は、テレサ・テンとのふるさと運動を介した関係や、編み組細工等の手仕事による国立台湾工芸研究センターとの友好交流協定を結んでいる関係があります。

 

被災された方々におかれましては、謹んでお見舞いを申し上げ、早期の復興を祈願しております。

 

2024年4月1日 新年度の入社および辞令交付式について


令和6年度を迎え、弊社でも3名の新入社員を迎えることができました。新たな社員と一緒に、「地域と共に生きる」を実践する企業として活動してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2024年3月29日 昭和村喰丸 護岸工事【土木】


冬期間を含む河川工事で、例年になく温暖で降雪量が少なく降雨量が多い現場となりました。

そのため、川の水量がとても多くなり作業が大変で工程管理も困難となりましたが、無事に工期内に竣工しました。

2024年2月8日 覺正寛治氏のインタビュー記事について


弊社の労働安全衛生管理顧問を務める覺正寛治氏のインタビュー記事が、オフィス・コロボックル様のサイトにおいて公開されましたので、紹介いたします。

 

ぜひ下記のリンクよりご一読ください。

 

覺正寛治さんが教える「体を張って、ちょっと間をとって」

 

2024年2月7日 ダシマス福島の取材記事公開について【会社情報】


福島民報社様とインビジョン株式会社様が福島県の創業30年以上の会社にインタビューする「ダシマス福島」に弊社が紹介されました。

 

これまでの弊社の歩みや代表の経営理念が掲載されておりますので、ぜひ下記のリンクよりご一読ください。

 

【ダシマス老舗・佐久間建設工業】建設業の先導者として。地域とともに生き、信頼を守り続ける | 佐久間建設工業株式会社 (dashimasu.com)

 

2024年1月23日 令和6年能登半島地震への義援金について【社会貢献】


本日、能登半島地震で被災された地域へのお見舞いとして、三島町を通じて日本赤十字社に義援金を寄付しました。

 

佐久間建設工業の社員一同、この度の地震によって被災された皆様に心からのお見舞いを申し上げると共に、一日も早い復興を祈願しております。

 

2024年1月16日 (株)ソクラテス様保養所の竣工について【建築課】


三島町浅岐地区に建築したソクラテス様の保養所が竣工となりました。

 

地域の木材をふんだんに使った内装により、あたたかみがあり落ち着いた雰囲気が醸成されています。

 

冬期でも薪ストーブを使ったおだやかな時間が過ごせるかと思われます。

 

ご発注いただいたソクラテス様に厚く御礼を申し上げると共に、ぜひこちらでの滞在をお楽しみいただきたく存じます。

 

2024年1月5日 仕事始め


新年明けましておめでとうございます。

 

令和6年能登半島地震によって被災された皆様におかれましては、謹んでお見舞い申し上げます。

 

佐久間建設工業では本日より仕事始めを行い、災害の教訓と新年の抱負を抱きまして、新たな一年を始めたいと思います。

 

地域と共に生きる総合建設業者として努めてまいりますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 


過去のトピック