地域と共に生きる

佐久間建設工業株式会社は、日本の原風景が色濃く残る「奥会津」で、多様な連携と

たな視点の発想力によって、真に地域に貢献する建設会社を目指し活動をしております。

2017 NEWS

 

2017年9月16  「早戸交流拠点施設湯治棟改築工事 上棟式」

 

 16日早戸交流拠点施設湯治棟改築工事の上棟式が行われました。散餅の儀には地元の方も訪れ、施工後の建物の無事が願われました。

 

2017年 9月2・3日  「板倉構法の建物 見学会」

 

 北塩原村の会津山塩企業組合の新社屋にて板倉構法の建物の見学会が行われました。 建物は新潟・福島豪雨災害時に建てられた仮設住宅で使用された木材を再利用し板倉構法という伝統的な木組みで建てられました。IORI倶楽部担当者が板倉構法の利点や仮設住宅の効率的な再利用法などを説明しました。3日は、筑波大学名誉教授の安藤邦弘さんが講話し見学した方が熱心に聴かれていました。ご来場、誠にありがとうございました。

 

2017年 8月27~30日  「山形芸工大生 遊歩道整備」

 

 今年も山形市の東北芸術工科大学の学生が遊歩道整備の実践学習に取り組みました。この遊歩道整備は自然と共生する土木技術の実践教育として毎年実施しており、今回は8回目となりました。建築環境デザイン学科の1~4年生と教員ら約30人が参加し、また会津大の学生も加わりました。学生は早戸地区に宿泊しながら連日汗を流して一生懸命作業に励みました。間伐された杉林の斜面を安定させるために丸太や枯葉を活用し土留めを造るなどしています。学生の皆さん、今年もお越し頂きありがとうございました。

 

2017年 7月29日30日  「奥会津グローバルセミナー」

 

  IORI倶楽部と三菱総合研究所の共同事業である「奥会津グローバルセミナー」が柳津町のやないづふれあい館と斎藤清美術館で開催されました。奥会津の中高生と世界有数の名門大学で学ぶ外国人学生が交流しました。参加した地域の中高生の「世界と繋がりたい」という想いに関心させられました。地域と若者の未来にとって、とても有意義なセミナーなったので、今後も継続し、学生が毎年参加出来ることになれば、海外への意識はより高まることになるでしょう。

 奥会津が持つ大自然や景観、伝統文化など世界に誇れる地域資源(グローバルコンテンツ)と地域が抱える超過疎高齢化の課題(グローバルイシュー)の両面を備える最先端な奥会津だからこそ、その環境で育った若者だからこそ見える視点がきっとあるはずです!

 関係者の皆様、三菱総合研究所のインターン生の皆様、ご尽力ありがとうございました。

 

 

2017年 6月26日  「安全大会」

 

 今年も、恒例の「安全大会」が三島町交流センター「山びこ」にて行われました。今回は三名の講師による講演がありました。熱中症防止指導員で建築部長の遠藤孝幸氏の講演では「建設業等における熱中症予防」について学びました。福島大学非常勤講師の岡田麻紀氏の講演では「今日から運動不足解消!」ということで早速、会場内で「やきとりじいさん体操」という音楽に合わせて楽しくできる運動に挑戦しました。そして人材育成コンサルタントで弊社労働安全衛生管理顧問である覚正寛治氏より「怒りとの上手な付き合い方」について講演があり、職場や日常で使えるアンガーマネージメントについて学びました。最後に覚正氏の掛け声に復唱し「一年間、ゼロ災でいこう!」と参加者全員でゼロ災コールを行いました。参加した一人ひとりが安全への意識を高めることが出来ました。

 

 

2017年 6月10日~6月11日  「山と木の市場」

 

 今年も「山と木の市場」に多くの方にお越し頂きました。イベント会場での丸太切り体験なども大いに盛り上がり、木のおもちゃまつりにも多くのお子様に楽しんで参加して頂きました。たくさんのご来場ありがとうございました。

 

 

2017年 6月10日~6月11日  「山と木の市場」工人まつり同時開催

 

  ふるさと会津工人まつりと同時開催で「山と木の市場」を開催します。(午前9時~午後16時)桐工芸品や地場木材、木工製品など多数出品します。また、丸太切りタイムトライアルや、薪割り体験などのイベントも行います。お子様も楽しめる「木のおもちゃまつり」も同時開催します。是非お誘い合わせの上ご来場下さい。

 

 

 

2017年 5月26日~5月28日  「社内研修旅行 in北海道函館」

 

  今年も、社内研修旅行が行われました。今回は新幹線にて北海道・函館に行って参りました。今年度新入社員も合わせて30名ほどが参加し、函館市内、トラピス修道院や松前城資料館などを見学し楽しく学びある研修旅行になりました。集合写真は函館五稜郭内にての一枚です。

 

 

 

 

 2017年 4月30日  「第11回 ピクニックマーケット開催」

 

 今年も、つるのIORIカフェにて「ピクニックマーケット」が開催されます!自家焙煎コーヒーや、天然酵母パン、マタタビ細工アクセサリーなど、多数出店します。また、カンナ屑のポンポン作り、ガーランド作りなどの手作り体験も出来ます。是非、お誘い合わせの上ご来場下さい。

 

 

 

 

 2017年 4月3日  「新入社員入社式」

 

  弊社にて、新入社員入社式が行われました。本年度は、土木部3名、建築部1名、森林事業部1名、合計5名が入社いたしました。式では、「早く戦力となれるよう頑張ります」とあいさつをし社員一同より迎えられました。フレッシュなメンバーと共に気持ちも新たに尽力して参りますので、本年度も宜しくお願い致します。

 

 

 

 2017年 3月10日~3月24日 

                       「ふくしまふるさとワーキングホリデー事業」

 

 福島県主催の「ふくしまふるさとワーキングホリデー事業」に参画いたしました。弊社では4名の学生を受け入れ、二週間三島町に滞在し地域の産業を体験したり、地域住民との交流が行われました。最終日には参加者による報告会が行われ、それぞれが三島町を訪れ感じたこと、さらに地域活性化への具体的な取り組みの案を発表しました。「ふくしまふるさとワーキングホリデー」とは県外の若者が福島県内に一定期間滞在し、県内の企業や農家などで就業し、収入を得ながら田舎暮らしを体験する新しい制度です。地域の方々との交流を通じて、通常の旅行では味わえない地域の特色や人柄を肌で感じることを目的としています。

 

 

2017年3月1日 「三島小学校・除雪車両体験乗車

 

  交流センターやまびこにて、三島小学校3・4年生の児童17人が参加し「除雪作業に関する出前講座」が行われました。クイズ形式を取り入れるなどして除雪の必要性を児童に分かりやすく説明し、ドーザ、グレーダー、ロータリー、散布車など車両の種類を教えました。授業後は児童たちの除雪車両の乗車体験も行われました。

 

 2017年2月22日

 

  「地域×デザイン×フェアウット~東京ミッドタウン・デザインHUB」

 

 伐採地の森林環境と地域社会に配慮をする「フェアウッド」を活用した家具づくりやまちづくりに取り組む株式会社ワイス・ワイスと活動を共にする、島根県隠岐の島および福島県奥会津の事業者による森林大国・日本の可能性の議論が行われ全国から100名を超える参加者が集まりました。弊社、代表取締役・佐久間源一郎による講演では『奥会津の桐を有効活用した家具』をテーマに「日本一の桐」と言われてきた奥会津三島の桐の産業の現在の課題とこれまでにない商品づくりの挑戦について語られました。

 

 

2017年2月20日 「東北震災復興事業感謝状授与式

 

日本住宅パネル工業協同組合様より、東日本大震災復興事業に際し弊社が復興事業に貢献したとして

感謝状を頂きました。 ありがとうございます。今後も復興のため誠心誠意尽力して参りたいと存じます。

 

 

三島町「雪と火のまつり」開催2/11(土)

 

佐久間建設工業株式会社も参加します!是非ご来場下さいませ。

 

 

2017年1月13日 第三回「現場フォトコンテスト in 会津

 

1.募集テーマ『建設業ってカッコイイ!!』建設現場の風景や、そこで働いている職人の姿など、「建設業ってカッコイイなぁ」と思える場面を撮影した作品(※会津地方で撮影された作品に限ります)会津地方に在住又は勤務している方どなたでも応募できますので是非ご応募下さい。詳しくは、下記の画像をご覧下さい。(応募期限:平成29年1月31日)

 

 

 

2017年1月5日  「明けましておめでとうございます」

 

明けましておめでとうございます。本年度も佐久間建設工業株式会社を宜しくお願い致します。

 

   過去のNEWSはこちら